記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤード用ポイントスイッチ試作 その2

ヤード用ポイントスイッチ試作の続きです。
ブレッドボード上でSCRを用いたポイント切り替えに成功したので、基板に移行して完成と思っていたのですが甘くなかったです。


押し釦スイッチのコネクタ
購入した押し釦は、コネクタで接合する形状でした。合致するコネクタがなかったので直接ハンダ付けもしましたが、メンテを考えるとコネクタが欲しくなります。近くのホームセンターを探しましたがそのようなものはなく、日本橋まで出向くのも面倒だったので自作しました。ソケットピンをバラした端子と収縮チューブの組み合わせです。そう頻繁に繋ぎ変えするわけでもなくこれで十分でしょう。

基板試作0.1
前回の回路図案を基板に配置しました。これでポイントが動作したらOKだったのですがNGでした。いろいろ抜き差し分かったことは、コンデンサから放電系がダメなようです。放電系に接続しているSCRを外すと他方が動きます。干渉が疑わしいところにダイオードを入れてみましたが、もう一つでした。

ブレッドボードに後戻り
というわけでブレッドボードに逆戻り。SCRのゲート側の回路に一工夫がいるような気もしていますが、データシートを見てもちんぷんかんぷんでした。

今日は塗装日和ですし、気分転換に塗装します(笑)





にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

No title

おはようございます。

やはり試行錯誤の世界なんですね。

複数のポイントを同時に駆動させるということは、充電動作と放電動作の両方を同時に制御する…ということで、その辺りがどうなるんだろうって私の理解の及ばないところです。
レンタルレイアウトでは更に開通線を示すパイロットランプまで点灯させているところもあるようですが、あれこれ考えると脳が「ウニ」になりますね。

ま、お天気もいいし、のんびりやって下さい。

サイリスタ

リレーではなくサイリスタなら小型化できて便利ですよね。

放電側の動作が思わしくないとのこと。充電側が一度ONになった後にOFFになっていると操作後時間が経過するとコンデンサが徐々に自己放電をおこしそうに見えます。

また、充電側が一度ONになった後にONを保持していると仮定すると、放電側をONにしても両方のサイリスタがONになって喧嘩してしまいます。

なにか複数同時に操作したときに、なにか条件が不安定になっているもかもしれませんね。

No title

バリサクパパさん
試行錯誤は覚悟の上でしたが、SCRの基礎知識がもう少し必要そうです。単に+と-を繋げばいいというようなものではなさそうです。

充電と放電は、私にも...な感じです。もう少しチャレンジして見ます。

Re: サイリスタ

へのへのもへじさん
自己放電ですか、全く頭になかったです。サイリスタがONになった後、コンデンサへの充電終了でサイリスタへの電流がストップしサイリスタがOFFになると考えていました。自己放電するならサイリスタに逆電圧がかかるのでさらにOFFになる条件が揃うような。

サイリスタの喧嘩を含め、あれこれトライしてみます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

iceman6229

Author:iceman6229
フリーも含めて楽しんでいます。

クリックいただけると幸いです

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

ご訪問者数:

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。